その他の紅茶のこと 

食べ物を求めて右往左往したり、ちょっとは観光したりの壮絶な記録
2016/08/29(月)
 カテゴリ「その他の紅茶のこと」・・・超久しぶりに使ったぜ。

DSCF0547_20160819222712ebc.jpg
 鎌倉からとんぼ返り!
 しかし、道中に藤沢市があるじゃないか。
 地紅茶サミットでお世話になった磯淵さんのお店があるな。

DSCF0538_20160819222706792.jpg
 潜入!
 小官は、スリランカではヌワラエリアが好き。
 心地よい渋みがよい。「パンジェンしい」わけですwwww
 ところがどっこい!?
 ルフナに「イチオシ」と書いてあらあ。

DSCF0540_20160819222707ef7.jpg
 そこそこスモーキーなルフナはどちらかと言えば好きな部類だ。
 しかもイチオシとあってはいただいておこう。
 カップのアツアツな奴がきたが、ポットが来るまでの時間がやや長いほかはいい運用である。
 いいルフナはストレートも旨い。

DSCF0542_20160819222708879.jpg
 ああ、力強い。
 一杯目をストレートで飲む間に抽出が進み、二杯目をミルクティーにする頃にはなかなかいいバランスなのである。
 ルフナうめえ。

DSCF0545.jpg
 スコーンもまたよし。
 たまには余裕をかまして紅茶を飲みたいものです。
 

面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
2014/12/11(木)
 エクスカーションの登録有形文化財である井筒屋にやってきました。

DSCF1862_20141206094053104.jpg
 こちらの建物も古い建物を解体修繕して交流拠点として活用しているそうです。

DSCF1858_20141206094050603.jpg
 ここでは生野紅茶がいただけます。250円。
 おばちゃんが説明してくれますが、一行から補足説明がありますか、と問われる。白瀧さん達が何年も奮戦していることや、国産紅茶について少々説明。他の産地の紅茶だからそんなに詳しくはないんですが・・・

DSCF1864_20141206094054875.jpg
 井筒屋ができた経緯を記録映像で見せてもらう。この映像は国外の映画祭で賞を獲ったらしい。記録だがテンポもよく、なかなかいい。地元の人からは当時の町の職員とうまく協同出来た、という。一方で職員からは「再建途中で業者が倒産して困った」という裏話を聞く。みなさんいっそう思い入れが強くなったのでしょうねえ。

DSCF1861_20141206094052826.jpg
 生野紅茶のクッキーを発見! 当地のオオサンショウウオの模様を茶葉で表現した納得の出来ですが・・・ここではオオサンショウウオを「あんこう」というらしい。形はともかく雰囲気は似てるかも。
 海のやつのことはここでは何というのでしょうね。聞いとけばよかった。
 なお、岡山県北部では「アマゴ」を「ヒラメ」といいます。海にいるやつは「海のヒラメ」と言っていました。


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
2013/10/08(火)
 とまとまファームさんが加工した岡山後楽園産茶葉使用の和紅茶の初売りがありました。

新規_1_DSCF6114
 単品なら500円で、2.5gのバッグが10個入なのですが、今回はお得なセットメニューも。
 この袋がそうなのですが、後楽園の井田(せいでん)から取れたもち米を使って作られたおかきが三種類もついて1000円なのです。後楽園内部でしか買えないレアさ加減を加えなくてもお得な状況です。

DSCF6112.jpg
 この袋がそうなのですが、後楽園の井田(せいでん)から取れたもち米を使って作られたおかきが三種類もついて1000円なのです。後楽園内部でしか買えないレアさ加減を加えなくてもお得な状況です。

新規_1_DSCF6122
 昨日からしばらくは開園時間を延長しており、ライトアップが行われています。
 ライトアップも明るすぎず、秋の夜長に映えます。

DSCF6126.jpg
 各種イベントの合間には紅茶のブースにお客さんが集まって、試飲コーナには列ができる時もありました。
 高梁紅茶とはちょっと違う強めの香りのする後楽園の和紅茶は今日からは入口付近の窓口で販売しています。

新規_1_DSCF6123
 後楽園入口付近には紙袋のライトアップも。なかなかきれい。



人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
2013/08/13(火)
 毎年10月には高梁でヒルクライムレースがあります。自転車で坂を上がり続ける・・・小官には無理です。

DSCF5110.jpg
 そんなレースとは関係なく、借りていた芋掘り機を返しに行きます。

DSCF5113.jpg
 そのルートがヒルクライムレースのコースに重なっているわけです。
 今回は道中でウルイの群生地を発見。春になれば新芽をひたしにしたいところです。

DSCF5114.jpg
 またまた道中で建設中の岡山第二発電所横を通過。メガソーラーです。

DSCF5116.jpg
 二ヶ月ほど閉まっていた直売所(かんばら茶屋)が再開していました。

DSCF5115.jpg
 スタッフの方々が宇治紅茶で作ったシフォンケーキを試食させてくれました。
 なかなかの出来です。

 かんばら茶屋は再開にあたって、喫茶店機能を強化するようです。紅茶も飲めるようにしてほしいなあ。

 などといってるうちに到着。それにしても暑いですな。


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
2013/06/18(火)
 静岡編です。もうちょっと続きます。

DSCF4251.jpg
 加工の実習をやっているのは静岡県静岡県駿河区。丸子紅茶の工房です。

DSCF4260.jpg
 岡山県から来た我々が、静岡県の加工施設で、石川県の加賀の紅茶を加工しています。
 すごい設定だな・・・

DSCF4259.jpg
 加工施設の外にはこのような箱が・・・これは「まむ○を漬けた焼酎」なのでしょうか。
 折角「ま○し」を漬けるなら焼酎は乙類を使っていただきたい。

DSCF4264.jpg
 完成した紅茶を飲み比べだ!
 加賀の紅茶はなかなかうまいものができました。一安心です。

DSCF4263.jpg
 ここらで二六さんが近所の「くまさん牧場」で作ったアイスクリームを投入。
 なお、「くまさん牧場」は熊さんの牧場でなく乳用牛の牧場だそうです。
 で、このアイスクリームには丸子紅茶のべにふうき版が添加されていて、なかなか風味がよろしい。無茶に加熱しないので冷やし系デザートは紅茶と相性が良いようです。

 なにはともあれ、各地の紅茶に松尾様の加護があらんことを・・・

4250617.jpg
 ちなみに昨日の高梁。天気が悪かったにもかかわらず、まさかの2位。抜群の安定感です。


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・2位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・4位くらい
2013/06/17(月)
 静岡編です。

DSCF4247.jpg
 静岡なんだから、お茶!
 なかでも紅茶についてお勉強です。
 この日は丸子紅茶で有名な村松二六さんの茶畑に潜入。
 圃場の真ん中あたりで海抜197m。できればもう少し高さが欲しいですが、植えてあるのがあまり寒さに強くない「べにふうき」ですので、贅沢は言えません。

DSCF4246.jpg
 一本だけ植わっている秘密のアッサム種の血が濃い品種はやっぱり葉っぱが大きいな。

DSCF4252.jpg
 山の畑からかえって今度は加工の実習です。
 この日は石川県から保冷車で持ってきた茶葉を前日から萎凋しておいたもので実習というか目合わせみたいな感じで作業が進行・・・

DSCF4254.jpg
 岡山・埼玉組と、石川組に分かれて作業しますが、石川の「加賀の紅茶」の品質が我々の作業で決まってしまうという恐ろしい企画なので、研修といっても緊張しますな。

DSCF4257.jpg
 作業の合間にはもちろん情報交換も。岡山からは最近百貨店で売り始めたラスクをとまとまファームさんが披露。
 現場もラスクの感想を要約すると、「最初バターのいい香りがして、徐々に紅茶感が強くなってくる・・・」ということだそうです。なかなか良い出来、ということでいいのではないでしょうか?

4250616.jpg
 ちなみに昨日の高梁は第三位。
 「今日は一頃に比べて楽ですな」などと挨拶しているうちに気温が上昇・・・慣れました。



面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・2位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・4位くらい
2013/05/27(月)
 そろそろ紅茶の加工シーズンに入っています。

DSCF4084.jpg
 岡山後楽園の茶畑は毎年茶摘みの行事に供されたのち、緑茶と紅茶用に刈り取りが行われます。

DSCF4106.jpg
 紅茶用の茶葉は高梁紅茶の工房で加工されます。
 この写真は水分を調整してしなしなにする工程です。
 それにしても紅茶工房のの機材が毎年増えているな。

DSCF4121.jpg
 乾燥しているところ。
 ドラムが回転して熱風の中を茶葉が舞い踊ります。

DSCF4125.jpg
 後楽園の茶葉は加工者が管理したり刈り取ることができないので、人任せなので、思うような茶葉は手に入りません。今回も軸が多いですな・・・

DSCF4131.jpg
 などと文句を言ってみたりもしますが、飲んでみれば旨いんですがね・・・

 やぶきたの優しさもいいのですが、300年前の在来種の強さもまた国産紅茶の魅力なのです。



面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・2位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・4位くらい
2012/11/26(月)
 地紅茶列車から降りた一行を待ち受けていたものは・・・

DSCF1781.jpg
 高梁高校コーラス部による歓迎の歌でした。
 また市長挨拶は主に観光PRと化していました。県外からの乗客が4割もおり、9割近くが市外からの乗客ですので、のちの観光客増加につながれば願ったり叶ったり。

DSCF1785.jpg
 会場に向かって出発間際に、チョイ悪侍さんとハングル侍さんが「どちらが一行を先導するか」で対立、斬り合いの事態に・・・
 勝ったチョイ悪侍さんが先導し、ハングル侍さんは最後尾の護衛となりました。

DSCF1794.jpg
 会場の入口付近では「第二の高梁産紅茶」として「百年紅茶」がデビューしました。

DSCF1799.jpg
 高梁市備中町湯野で、何ヶ月か前に手摘みで作ったあれがお披露目されたわけです。

DSCF1804.jpg
 いつのまにか関連商品まで開発されていて、販売者の小川鉄工所さんもなかなかやりますな・・・


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・2位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・4位くらい
2012/10/15(月)
 第二の高梁産紅茶の話の続き。

DSCF1346.jpg
 高梁市内某所で摘まれた茶葉を原料に作られたこの紅茶。

DSCF1347.jpg
 全て手摘みなので茎が目立ちません。

DSCF1348.jpg
 拡大すれば多少混じっているのがわかりますが、この時期(三番茶)の茶葉は一番茶等と違って茶葉も茎も硬いので、多少の茎は見え隠れして当然です。

DSCF1349.jpg
 熟成してないけれど淹れてみました。

DSCF1355.jpg
 察しはつくと思いますが、三番茶でこんなに旨い紅茶を飲んだことはありません。力強い味とバラを思わせるような香り。そしてキレのよい後味。三番茶が全部こんな具合だったらいいのに・・・

 さて、この紅茶の正確な産地と名称は・・・名称はもう決まっていますが、当分秘密にします。



面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・2位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・4位くらい
2012/10/14(日)
 今回は高梁産紅茶の話です。しかし「高梁紅茶」の話ではありません。

DSCF1223.jpg
 「人生の楽園」の放送当日、「高梁紅茶」という単語は一時的にyahoo1!の検索で急上昇キーワードとして表にでてくるなど、大変な検索件数だったようです。

231016 313
 しかし、今回は「高梁紅茶」ではありません。

231016 310
 高梁市内某所で明治時代に山から掘り出してきて里に植え付けた、野生出身の茶樹から紅茶をつくるという企画です。まじですか!?

231016 312
 しかも、市内某所で行われた茶摘みは、なんと全て、手摘みで行われたのです! まじですか!?

231016 309
 さして件数の多くない、高梁市内某所のとある集落ですが、親子孫三世代で茶摘みに参加した家もあったとか。まじですか!?

231016 316
 さて、手摘みの茶葉があつまりました。これを高梁紅茶の工房の設備で加工します・・・



面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・2位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・4位くらい

 | Copyright © 統合作戦本部~Integrated Directorate of Operations~ All rights reserved. |  Next

 / Template by パソコン 初心者ガイド