category: 自作料理のこと  1/14

うちの鯉のぼりは生魚

 五月は毎年ニシンが安い。 30cm級でも108円。下手すりゃ3匹108円の時もある。 こいつを加工しよう。 鮮度の個体差が大きいので、アザラシさんは生魚を所望。 一匹は刺身に。 天気が良かったので干しました。 痛みやすい内臓は壺抜きにしてありまする。 数日後の食卓。 なんか、あまり、丸干しの大きさが伝わらない。 めざしの土光さんもこのサイズならもう一匹は要らなかったろうに。こっちが岡山県の地域情報...

  •  0
  •  0

春の夕食

 通常の夕食でも手元不如意につき、季節感はある。 例えば菜の花。 この時期は直売所に大量に安く並ぶ。 季節の安い野菜と冷蔵庫の在庫整理ポタージュ。 脂の乗らない天然ハマチの生ハム風。 しゃしなっぽのペペロンチーノ自家製アンチョビ風。 うちのアンチョビはイワシじゃない。マルソウダだ。こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい...

  •  0
  •  0

安物ハマチとチダイ祭り

 今の時期のハマチともなれば、二束三文である。 70cmほどもある天然物が1,000円しない。 脂がないからな。工夫してうまく食おうじゃないか。 カルパッチョはどうだ。 脂なくてもオリーブオイルを足せばいいじゃないか。 なかなかよい。 なかなかいい感じのチダイが500円。 片身を骨付きで塩焼きにして、鯛めしに。 もう片身をズケ丼にする。 と見せかけて、タイ茶漬け。 皮を引かなくてよかった。こっちが岡山県の地...

  •  0
  •  0

餃子を作る

 餃子が食べたくなったので作ります。 薄力粉と強力粉、塩と水で皮を作ります。 通常サイズはうまく丸になるが、大きくするほど難易度は高くなる。 謎の肉と春雨、えび粉、ショウガ、紅だるま、キャベツ、高菜、ネギ、醤油、ごま油を攪拌して内容物とする。 WWWWW でっかいやつだけを焼くと、こんな具合。 どこかで見たと思いきや、ピロシキだな。 二日目は水餃子。 満足した。 しばらく飲まなくてもいいかも。こっ...

  •  0
  •  0

夏ミカンからマーマレード

 アザラシさんはホエーを除去した固いヨーグルトとホエー部分を別々に摂取する習性がある。 固いヨーグルトにマーマレードを載せて食べているが、自家製だ。 先日伊勢国に行った折、新たに夏ミカンを調達した。 こいつもマーマレードにするらしい。 皮をむいて白いところを半分ほどは取り払っている。 中身は瓤嚢を取り払って、おおむね砂瓤部分に整理している。 皮は薄っぺらいほうを好むらしく、フードプロセッサーの刃は...

  •  0
  •  0

ウラルカンゾウエール

 先日の宇治町のHANAGASAに続きロールアウトしたのがこいつ。 有漢町の新作だ。 グリチルリチンを含むウラルカンゾウが配合されているらしい。 胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効果があるビール? つまみを用意しなきゃ。 コチを調達。 赤貝が安かった。小ぶりだったでな。 十数匹で198円だったイワシと合わせて。つまみの編成はかくのごとし。 右側の白い塊はホースラディッシュ。 すりおろし中のフードプロセッサをのぞき込...

  •  0
  •  0

ハム食べた。

 完成したハムを食べた。 ・・・昭和の仮面ライダーの腹みたいだな。 切ったらこんな調子。 塊が大きすぎないので、使い勝手はよいな。 実食してみよう。 ハムとパスタのサラダ。 ジャガイモはグラウンドペチカを利用。 グラウンドペチカの性能が良すぎて、ハムと対立してしまう。 むむむ。 ハムときのこの中華風スープ。 いいだしが出ている。塩漬けを経た肉というのは生とは比較にならない仕事をするのだな・・・・こ...

  •  0
  •  0

徐々に奇妙なマーマーレード

 美味いものを作ることは最上である… 美味いものを食うことはその次によい。 我々はこの果実を知っている! いや、この果実の大きさと色を知っている! 皮! 剥かずにはいられないッ! フードプロセッサーか。なかななかのパワーとスピードだ。 「小さく切る」と心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ! なじむ 実に! なじむぞ 小官たちがここまで到達した事が……完全なる勝利なのだ。 果糖の輝...

  •  0
  •  0

ジンジャーシロップを作る

 大変だ。ジンジャーシロップを切らしてしまった。 こうなっては作るしかないな。 安物のショウガ800g。 皮を剥いたりしたら700gに。 ちょいとうまい種子島の砂糖700g 砂糖と一緒にフードプロセッサで粉砕だ! 弱火でエキス抽出。 熱いうちに瓶に入れます。 そう、切らしていたのは四万十町のこのシロップ。空き瓶が役に立ったわい。 どうやらオリジナルはショウガの比率がまだだいぶ高いようだ。味や香りがちょっと...

  •  0
  •  0

プラチナサツキマス三昧

 台風18号災害で壊滅的打撃を受け、生き残ったものは卵の状態で越冬中のプラチナサツキマス。 冷凍してるやつを温存してあったたが、そのうちの一尾が焼いてあった。 うむ。アマゴ飯だな。 ・・・しかし。 炊飯器が一升炊きなのがばれてしまうことに。 その日の夕食。 ああ、ちゃんとした食事の形になってるということは、アザラシさんが料理したということだ。 アマゴ飯、うまいがな。 ポタージュは、プラチナサツキマ...

  •  0
  •  0