category: あてはまらないこと      1/5

豆腐の引き売りに遭遇

 おや? 豆腐屋の笛の音だ。 通りが一本違うので急がないと行ってしまう。 確保! リヤカーではないのだな。 この日は豆腐類がかなり売れてしまったため、あまり種類がないとのこと。 豆腐の原材料は「国産大豆・凝集剤(にがり)」のみ。国産大豆とにがりしか使ってないらしい。 なるほど。古式とうふを名乗るだけのことはあるな。 豆腐はパックに入っているため、容器持参してもこの始末だ。 衛生管理が容易なんだから...

  •  0
  •  0

地域に飛び出す公務員と地域おこし協力隊・. 集落支援員の集い in 岡山県高梁市外伝

 「地域に飛び出す公務員と地域おこし協力隊・. 集落支援員の集い in 岡山県高梁市」・・・長いな。 地域に飛び出す公務員アウォードの1回目から3回目の大賞受賞者がまんべんなくいたレアな集まり。地域おこし協力隊員OBにしても豪華な顔ぶれ。 これ、一人あたりの参加費が五桁円ですが、全国から旅費まで自分持ちで参加してるのだから、参加者の意識は相当高いのだろう。好き勝手やってるだけの小官は異端のような気がします...

  •  0
  •  0

たまには新幹線に乗って・・・・

 小官、手元不如意につき、移動には自家用車を移動手段兼宿泊施設として活用していますが・・・・ 旅費の支給がある場合はこの限りでない。新幹線の指定席なんぞを利用したりなんかします。 この日は、京都府農業会議のお呼びで上洛。 二条城近くのホテルで一時間半ほど講演。 事務局からのオーダーは「あまり堅苦しくないもの」。 のちに事務局からは「好評だった」とメールが来たのでひとまず安心なのである。 ところが!...

  •  0
  •  0

地域に飛び出す公務員を応援する首長サミットin千葉酒々井町

 酒々井町にて道行く老人に、開催場所のプリミエール酒々井の場所を尋ねれば、大通りまで直接案内してもらった上に、かなり具体的な距離まで説明された。 その上場所を聞いただけで、「ああ、首長がたくさんくるやつね。話には聞いてる」と言われる。行事がずいぶん浸透しているのだな。やるな。  詩吟と剣舞から開会。 この会は、地域に飛び出して業務時間以外の自分の時間を使って、プラスワンの活動を行う公務員を応援する...

  •  0
  •  0

漢がやって来た

 東京から有漢まで770kmを歩いてきてる人がいるらしいので触接しました。 兵庫県相生市。 太鼓を叩きながら歩く人がいます・・・ 途中から、別の人も混じって楽しそう。 長距離歩いているとは思えないほどの足の軽さ。 数日後。 有漢常山公園でゴール。東京から26日かかったらしい。 ゴール直後、自作の太鼓を叩き踊って喜びを表現してました。 「漢(おとこ)が有る」と書いて「有漢」。 なかなかの漢がやってきたよう...

  •  0
  •  0

第五回エデュカーレin高梁

 第五回エデュカーレin高梁に参戦。 第二回に引き続いて二回目の参戦で、場所はやっぱり国際交流会館です。 今回、小官は「先達」扱いですが・・・ 生き方のヒントを探してるのは・・・むしろ小官だwwww ざっくりとした自己紹介(全員)のあとゲストが長めの自己紹介をします。 もっとも概要はレジュメにかいてありますが。 ややおふざけモードで書いてたのは小官だけだったので若干残念なことにwwww なかなかい...

  •  0
  •  0

だっぴ50X50

NPO主催による「だっぴ50X50」が開幕。まあ、しばらく前のことです。 きっとだっぴは脱皮なんだろう。将来のヒントを求める若者と、経験や生き方が充実している(であろう)大人というか年寄りというか、まあ、そんな人々が意見を交換して刺激を与えるようない感じ? いろいろ言い方はあるんだろうが、変人(?)と若者の交流会にも見えます。 グループに分かれて意見交換。いろいろ聞かれましたしいろいろ聞きました。まあ、今...

  •  0
  •  0

川関人気広場(後編)

 本当に人気だった人気広場。 到着したボンバスは30分後に二次作戦に移行。 ボンバスになじみがあまりないであろう人々に試乗してもらいます。 川関から常山公園(石の風車があるところ)までの試乗会ですが、これまた満員。なんだ、人気じゃないか。 つぶあんこさんが木炭を買いに現れるくらいには石釜ピザやヤマメが完売。人気なのである。 高梁紅茶はほぼ0度の環境で72時間かけて低温抽出した一番茶。なんというか、水と...

  •  0
  •  0

平成27年度第二回エデュカーレin高梁

 小官は、居住地付近での講演とかパネリストとかは避けてきました。 だって、過激なことがいえないじゃん。 しかし、学生主体の運営だし、同じ日にあるイベントとの連携を考えたうえで、引き受けることにしました。 場所は吉備国際大学。 「かのさと」の仲田さんと「みんけん」の木下さん。他二人のゲストが豪華すぎて、小官などはたして上手くたちまわれるか・・・などと思ってたら始まりました。 緊張を緩和するため、簡単...

  •  0
  •  0

Мать уха, отец пальца

 甥っ子が産まれたので見にいきました。 国外から弟の嫁母も支援に来日しているので、手土産がいりますな。 かんずんこ農園でイチゴを調達。 動物性たんぱく質でも、と思い、サケ科の淡水魚を購入。やっぱりプラチナヤマメは美しいな・・・ なお嫁父は本国が戦争中につき男は出国できない縛りによって、孫に会いに来れず。 弟嫁と甥っ子はこの日が退院なので、自宅で宴会である。 「たいいん」と入力すると「隊員」としか変...

  •  0
  •  0