食べ物を求めて右往左往したり、ちょっとは観光したりの壮絶な記録
FC2カウンター
 タイトルからしておかしい、という向きもあろう。我慢してくれ。

DSCF5409_20170712212831df5.jpg
 ああ、十勝和牛のハンバーグに乗っているチーズはやはり十勝ものらしい。
 さすがは北海道フェアである。

DSCF5410.jpg
 まあ、ケーキ類など一式は食べておかないとな。

DSCF5412_20170712212836ea7.jpg
 パンナコッタやジュレなどもいただく。

DSCF5411.jpg
 そうそう、これこれ。
 「高梁紅茶のジュレと桃のコンポート」。三種類のデザートから一種類選ぶが、こいつだけ説明が二行に渡り、異様に詳しいのだ。
 桃と紅茶。合わないわけがないな!

DSCF5415.jpg
 さいごもやはり紅茶。ダージリンの夏摘みだが、特徴がよく出ていて非常にうまい。
 しかもティーバッグだがこの形は秀逸。空気が中にこもらない。
 やはり、ドイツの科学力は世界一なのである。



人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
 帰りに江戸を通りかかる。

DSCF3616_2017013022164216e.jpg
 行ったことのなかった、とっとりおかやま新橋館に潜入を試みる。
 なあに、新橋の駅前だから、おのぼりさんに優しいのだ。

DSCF3618.jpg
 成羽名物のアレが!
 金平饅頭である。
 セットよりバラ売りの方がはける、とは店長のN山さんの言。

DSCF3620.jpg
 ほれほれ、酒もありますぞ。
 東京方面に行くときに手土産を忘れた岡山県人はここでダメージコントロールしてください。

DSCF3621.jpg
 ああ、もちろん高梁紅茶がありますとも。
 ときにはとまとまファームさんが試飲会をやるそう。

DSCF3623_2017013022164879c.jpg
 二階のカフェ「ももてなし家」では通常メニューに「高梁紅茶」がありますのでよろしく!


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
紀伊半島触接の旅。

DSCF2411_20161231141747da1.jpg
 全国地紅茶サミット二日目。
 各開催地の幟旗が順送りになっているので、第11回の高梁での旗もちらほら見えます。

DSCF2404.jpg
 やれやれ、これくらいの方が接客しやすいが、月曜日なのにこの人入りとは恐れ入ったぜ。
 「備中松山城」に反応して「快風丸とか思い出した」と言ってる若者がいたので聞いてみると同志社大学の学生だった。
 新島襄創設のこの大学では渡米のいきさつについて現在も習うらしい。

DSCF2427_20161231141750c7f.jpg
 会場にも余裕ができたのか、武田先生などは即席の講座を開始したりで人が集まっていました。
 ・・・それにしても。手摘みのやつはうまいね。

DSCF2426_20161231141750bd8.jpg
 会場にも普通にシカがいるんですがwwww
 栄養状態もよさそうだ。うまそう。
 たしかに「ならではの」サミットだなwwww

20161206150444.jpg
 次回は水俣だ。
 在来種に力を入れているらしいが、ここの紅茶もなかなかうまい。
 遠いけど行ってみるかな?


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
紀伊半島触接の旅。

DSCF2321_2016123114020031b.jpg
 そもそもこのために来たのだった地紅茶サミット。
 試飲が39か所とはすげえな。地紅茶サミット世話人会のブースでは複数の茶園のものを扱ってるはずだから、実質40種類を超えます。すげえ。

DSCF2313.jpg
 一日目は日曜日ということもあって、かなりの人出。
 高梁紅茶のブースも四人体制で切り盛りしてますが、ゆっくりと接客や説明ができないほど。
 大変な賑わいだ。

DSCF2327_2016123114020486c.jpg
 とりあえず目立ってやろうとおもって産業観光課から借りてきた横断幕。
 人が多すぎてあんまり見えない・・・・

DSCF2322_201612311402003c4.jpg
 会場では奈良の特産品や地域の食も展示されていたので、うどんの原型である「ハクタク」を調達してみた。
 小麦のほかに米粉なども入っている。きしめんより広く、しのうどんよりは狭い感じ?
 これが原型か・・・なるほど。
 まあ、原型にもいろいろあるのだろうけれど。

DSCF2324_2016123114020200d.jpg
 奈良と言えば柿の葉寿司。
 追加しても追加しても売り切れて、売ってる人も「今一生懸命巻いてますから」とのことである。
 ああ、なかなかよかった。小官としては鮭がいいかな?


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くら
 地紅茶祭りの様子最終回。

DSCF1562.jpg
 六種類ある国産紅茶は飲み放題。
 それに、レモンやミルクの添加、またはそれぞれに砂糖足したり、紅茶同士を混ぜたり。
 無限に楽しみ方がありますな。

DSCF1561_201611090646452a7.jpg
 商店街を交通規制してるので、高校の楽団も展開できます。要するに高校と商店街のコラボです。

DSCF1545_201611090646423d9.jpg
 もちろん神楽も高校生が。幼少から神楽を習っている学生も多く、高校くらいになると10年以上のキャリアを持つものも多いとか。

DSCF1544_201611090646411f7.jpg
 JAを中心にフォックスフェイスの展示。芍薬と並ぶ高梁の観賞用植物。
 今回は被り物はなしか・・・

DSCF1549_2016110906464313b.jpg
 何しろ今回もなかなかの人出で、カフェ以外の売れ行きもよかったのです。
 そろそろ、カフェ以外で、「いろいろなものを売ってるので買いに来る」という客層が定着してきたようです。
 すなわち、地紅茶祭りが定着しつつある、ということでしょうかね。


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
 高梁地紅茶祭りの様子。
 地紅茶サミットから数えて5回目。

DSCF1558.jpg
 高校生たちが6種類の国産紅茶を点てる地紅茶カフェは二百数十人の利用があった。

DSCF1531_20161109064619d16.jpg
 隣の販売ブースではまつのおさんが茶葉や関連商品を売りまくっていたが、なんじゃこれは?
 うまいじゃないか。添加物も無しか。やるね。

DSCF1552_20161109064620446.jpg
 いつのまに出来たのか高梁紅茶弁当。
 さすがは商売上手だな!

DSCF1553.jpg
 あ、伊賀町の暴れ馬さんだ。
 カフェから持ち込んだ紅茶を飲みながら、地紅茶足湯とは恐れ入ったぜ。そこは男湯だけどな!
 紅茶の湯も深くなると黒く見える。高梁にリオネグロが出現したのである。
 そういや、アイルランドの川や湖もこんな色だったな。

DSCF1550_201611090646188a7.jpg
 今年も真庭市から桃太郎紅茶が出店。
 製造者は緑茶やペットボトルの茶も売る茶の専門店なのである。


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
 地紅茶祭り始まる!

DSCF1536_20161109064552814.jpg
 今年も高校生が大活躍。
 実際のところ、大勢いるので手数は多い。展開も収納も早いのである。
 「戦いは数だよ兄貴」
 ドズル・ザビ中将の言葉が頭をよぎります。

DSCF1533_20161109064550f53.jpg
 さて、小官の担当は地紅茶カフェ。
 紅茶を点てるのが仕事ではなくて、高校生が紅茶を点て続けられるようにするのが仕事。
 さらに足湯に湯を供給しなくてはなりませぬ。

DSCF1555.jpg
 ところで、紅茶に添加して変化を見るための牛乳がなかなか良いものらしい。
 秋川牧場の低温殺菌牛乳だ。
 檸檬も瀬戸内市のものだった。
 今回も手抜きはなしだな!

DSCF1548_201611090645550fa.jpg
 周りを見ると、デザインファームトド&アシカさんがいたり、出店も多くて、人入りも良好で賑やかである。

DSCF1539_20161109064553c3d.jpg
 地元のケーブルテレビのほか、NHKに山陽新聞社とマスコミも多かった。
 
 見てないが、夕方のNHKのニュースに小官が映り込んでいたらしい、という噂。


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
 地紅茶まつりの日は、まつのおさんと雲海の松山城を見に、大松山の展望台に行くことになっている。

DSCF1527_20161109064455430.jpg
 天空の城ブームで、めちゃくちゃな車の数だ。
 かれこれ150台はある。
 なお、仮設トイレも実装済み。しかも中の一基は洋式である。気が利いている。

DSCF1526_2016110906445334a.jpg
 今年増設された展望台は既に人が鈴なり。階段は上がれるが、展望台には上がれない。

DSCF1528_20161109064455089.jpg
 この日は雲海の出来が良すぎて松山城は雲の下。
 もう30分程待てば見えそうだが、時間がない。
 仕方ないので下山する。

DSCF1529_2016110906445796e.jpg
 地紅茶祭りの当日準備の前に腹ごしらえ。
 新装開店成った備中高梁駅前の川上屋に突入。

DSCF1530_20161109064500a94.jpg
 500円の朝定食を堪能。
 
 さて、商店街でカフェの開店準備である。


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
 高梁紅茶はときどきテレビジョンで放送されますが、全国放送となればさすがにまれです。

DSCF0947.jpg
 そんな全国放送は、NHKによる今回生中継らしい。

DSCF0949.jpg
 カメラワークの確認にも余念がありませんが・・・・

DSCF0952.jpg
 何がすごいといって、スタッフが15人くらい、前日から打ち合わせやリハーサルにいたるまでいろいろやりあげるために広島からきているという念の入れよう。生放送は大変なんだな。台風もきそうだったし。

DSCF0958.jpg
 で、本番中は小官は立ち会えませんでした。現場からずいぶん離れたところで通りすがりにテレビジョンをチラ見。

DSC_0096.jpg
 Y崎さんにもらった画像でも確認。
 ああ、映ってる。どうやらうまくいったらしい。

 NHKのスタッフの人々が大勢で高梁に泊まってくれ、市内の居酒屋も利用してくれたことも大きな収穫だな。



面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
 高梁では三番茶の季節ですが・・・

DSCF0781.jpg
 とまとまファームさんたちが、もう、数年係かかりで取り組んでいる荒廃茶園の復活プロジェクトも大づめなのです。
 いい葉っぱが出るようになってます。

DSCF0777.jpg
 大学生やももたろう未来塾生などが今回は参戦!

DSCF0780.jpg
 もう、ほぼ普通の茶園になってきましたな。
 「惜しい」から「美しい」へ

DSCF0782.jpg
 少ないながら、花も咲いていました。
 カメリア・シネンシスというだけあって、ツバキ風です。

DSCF0783.jpg
 おお、力づよい!
 他の草の葉を突き破り伸びる茶の葉。

 そうだ。力だ。力が要る・・・


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
翻訳出来ます
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
12位
アクセスランキングを見る>>
PopUp WikipediaⅡ
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ