FC2ブログ

category: 高梁紅茶のこと     1/16

元町珈琲

 元町珈琲だ。別にコーヒーが飲みたいわけではない。 ここだ。別にコーヒーが飲みたいわけではない。 ・・・それにしても、目つきの悪い猫だな・・・ アザラシさんはワッフルが喰いたかったらしい。 小麦粉製品が好きなのだ。ブレないな。 小官はフレンチトーストを選択。 理由は量が多そうだから。 アザラシさんのマサラティーはなかなか面白いしかけだな。 それにひきかえ、小官の発注したアイスティーときたら、アール...

  •  0
  •  0

もうすぐ全国地紅茶サミットなので去年のサミットを回想してみた

 世はコロナ。第19回全国地紅茶サミットin東京ひのはら2019は11月29日に一日だけのリモート開催となった(なお、リモート参加チケットを含む25種類試飲セットは本日まで買えますぞ)。 初のリモート開催だ。 ・・・去年はどうだったかな。  去年は豊橋で開催された。 ああ、岡山からなら車が便利だった。 交流と情報交換。生産者同士の意見交換やサンプル収集もできた。 地紅茶サミットは幾分の芸能の要素も織り込んでくる...

  •  0
  •  0

武家屋敷で高梁紅茶を

 当初、伊予の松山城で受託した備中の松山城で紅茶を点てる作戦。 台風の影響を考慮して武家屋敷に変更になった。 旧埴原家住宅。中級武士の邸宅だが藩主の母を出すなどしたからか、造りはちょっと豪華。 ここの片隅で高梁紅茶を20人分点てる。 火気厳禁でありIHで加熱。 なんだかこの日は本膳料理かつフレンチの豪華夕食を組み込んだツアーなのだそうな。 フレンチの湯浅シェフ中心に動いたそうだが、台風由来の湿度の高...

  •  0
  •  0

大学と紅茶

 岡山県内の大学でブランド力が高いのは、岡大とノートルダムが双璧ではないか。異論は認めるが。 その双璧の一つではないかと思われる、ノートルダムの学生が、紅茶を絡めた大学のブランド化に挑んでいるという。 最終的にはノートルダム的な紅茶のティーバッグができるのか・・・ 今回は紅茶づくりを体感するため、三年生を中心にコロナの隙間を塗って高梁にやってきたらしい。 萎凋済の茶葉を人力で揉捻している・・・・ ...

  •  0
  •  0

松原町で大茶会?

 小官は非公式に松原町で寝泊まりしていたことがある。 そんなわけで、猟友会も松原であったり、何かと関係が続いている。先週、川面町のネタでも似たようなことを書いたような気がしなくはないが。 そんな松原で大規模な茶の飲み比べがあるという。 数十人の若人が数か国から集結してるじゃあないか。 「茶」として認識しているものには椿の仲間の「茶」のほか、麦茶や昆布茶などの飲料がある。 そして世界にはいろいろなも...

  •  0
  •  0

地紅茶まつり

 気が付けばもう八回目か・・・ 月日の経過に驚愕する。 出店者も増え、人出はずいぶんだな。 準備段階から高校生が商店街で活躍するという点が特異だ。 九州から静岡までの紅茶や高梁紅茶・ももたろう紅茶の県内組を併せて、6種類の飲み比べができるカフェも大人気だ。 ここも高校生が主体で運営する。 前衛は女子で、男子は裏方であるWWWW 抽出の終わった茶葉は、煮だして足湯に使われる。 漬かりながら飲み喰うの...

  •  0
  •  0

Vリーグと高梁紅茶

 八年ぶりにVリーグの試合が高梁であった。 前回よりものものしいではないか・・・・ ウェルカムドリンクとして観客には高梁紅茶がふるまわれる。 800人弱に届けた。 千人くらいは観客がいたのだろうけど、まあ、紅茶は苦手な人もいようから。 大型コンロを四台投入して五月雨式に熱湯供給して大量供給の割に味や風味に影響が少なくできたと思う。 物販会場にはもちろん高梁紅茶の販売もあったが、珍しいものとして、「たま...

  •  0
  •  0

オクサリスでアシェットデセール(イチジク編)

 今度はデセーヌロートンヌ。 秋の果物をサングリアっぽい感じでまとめたらしい。 アザラシじゃ! アザラシがおる! ・・・秋ナスのアイスクリームだそうな。そう来たか・・・ 完了。 皿の真ん中に穴があって、フレイバードティーが仕込んであり、その中にドライアイスが。 蓋にした球の隙間から、煙がぷうぷう出てくるのだ。すげえな。 高梁紅茶。アイスティーにしてもらう。 濃いめに入れた紅茶を氷に当てる、スタンダ...

  •  0
  •  0

駅でマルシェ?

 備中高梁駅前でちょっとしたマルシェがあった。 駅に向かう途中で山を見ると、なんだかモクモクしてる。 写真には写らんな。 ヒノキ林から大量の花粉が上がっているのだ。 春真っ盛りだな。 駅前か? 図書館前か? なんだか見たような人たちがたくさん。 とりあえず黒蜜を購入。加工原材料にするのだ。 そしてこいつが主な目的だ。 ガットリベロの高梁紅茶のパンナコッタ。 うむ。紅茶の再現性はよい。 冷えても紅茶...

  •  0
  •  0

順正記念館で高梁紅茶を点てる

 アザラシさん主催らしいイベントで順正記念館へ。 ここは岡山県内の女子教育の先駆け的存在であった、順正女学校の寮だった建物。 移住支援に特化したNPO、「梁クラス」がアジトにしてるため、こんな看板が入り口に! メガネがないと誰だかわからないが、サトタクだ。 アザラシさんたちは音楽関係のイベント中。 小官はこのイベントの休憩時間に時間指定で紅茶を点てなくてはならない。 電気加熱器による加熱なので、まず...

  •  0
  •  0