FC2ブログ

category: 食べたこと        1/149

石川三昧

 まだ書いてなかった、金沢編。 今回は、石川の地の食べ物を食べた話だ。 とある集まりに潜入。 卓上には、色々な料理があるけれど・・・・ 加賀野菜だな。加賀太キュウリ。 高梁の青大と同じように見えるけど・・・ 生でも煮てもいけるらしい。 甘エビ。 ホッコクアカエビというのが和名。 新潟では南蛮エビとか言ってたな。唐辛子みたいだかららしい。 なにしろ北太平洋名物だ。ここらあたりでも重要な海産物らしい。...

  •  0
  •  0

空海②

 まだ書いてなかった、金沢編。 今回は、空海の続き・・・ 石川と言えば、いしる。 いしる漬けの焼きサバである。 いしるとは魚汁。日本三大魚醤の一つだ。 冷酒がこのような容器でやってきた。 温度が変わる。変化を見るのか? 大人のポテサラ、らしい。 なるほど。マスタードが効いているな。 得体のしれない物にしか見えないが、「ホタルイカの黒作り」。 ホタルイカの沖漬けなのである。 生麩のゴルゴンゾーラころ...

  •  0
  •  0

空海①

 まだ書いてなかった、金沢編。 今回は、重伝建内での晩餐の話。覚えてるのかどうかギリギリの話。 明るいうちは人通りもなかった主計町だけど、暗くなると活発化する夜行性の町だ。 さすがは茶屋だな。 潜入したのは空海。 昔の茶屋をリノベーションした、居酒屋という名の現代版茶屋である。 突き出しは、湯葉の揚げ物。 煮物かと思えば福神漬けだった。 加賀はレンコン押しでもあるようだ。 金時草の酢の物。 きんと...

  •  0
  •  0

災害シフト2

 災害シフト中につき、基本的にはアザラシさんが調理担当です。 イガイの酒蒸しと、ホヤ飯を中心とした編成。 玉子豆腐を冷たい出し汁の中で泳がせるとはなかなかやるな。 飲み物はビールでなく、梅の砂糖漬けから抽出したクエン酸飲料。暑いからな。 餃子三昧。  豆腐と生ハムでタンパク質強化。 イノシシさんハムのチャーハンとトウモロコシとキャベツのコンソメスープ。 1kgあたり108円の肉を再編成したひき肉で...

  •  0
  •  0

そうだいづつ屋に行こう③

 大体のものが108円で食べられるいづつ屋。 アサリ汁も108円。 イカゲソも108円。 ショウガは要るのか、要らんのか・・・・ ハマチも108円だが、この時期のハマチは・・・まあ・・・無理に食わんでも・・・ マグロの赤身。  キハダマグロのようだ。 今回、こいつがなかなかいいと思った。 黒みる貝。冷凍ものだろうけど、貝はもともと冷凍と相性が良い。 ミル貝の代用品の白ミル貝よりこいつのほうが美味い...

  •  0
  •  0

そうだいづつ屋に行こう②

 108円税込みの回転ずしで、大手じゃない地元の店、いづつ屋。 チリ銀かな? サーモンネギなし。 北寄貝はなかなかいい食感。 安いけど、貝を食べてる気になる。 ビンナガマグロのタタキ。 淡白な味でも炙れば風味が増すという工夫か。 ネギサーモンにはマヨネーズ。 生魚にマヨネーズは市民権を得たのか。いまだに抵抗がある人もいるかもしれんが、小官としては旨ければなんでもよい。 炭火焼きまぐろ。 うーむ。血...

  •  0
  •  0

そうだいづつ屋に行こう①

 アザラシさんは寿司が喰いたくなったらしい。 山陰に行こうとしたところ、遠いということになって、倉敷のいづつ屋にいった。 おいおい、寿司が喰いたいといったのに、アザラシさんの最初の一手はまさかのアラ炊き。 サーモンには玉ねぎがお約束だが、どこが始めた習慣なのだろう。喰いにくいと思うが。 108円なら縁側でも手が届く価格だ。 ヒラメとは言わないまでも、適当に独特の食感が楽しめる。 エビサラダ。 小官...

  •  0
  •  0

旬菜ふみ②

 行ったことがないというだけのことで、旬菜ふみに行った話のつづき。 ネブトとかイシモチとか岡山で言われるテンジクダイ。 小魚のくせに頭の耳石が固すぎて丸ごと食えない。 こいつのから揚げは瀬戸内のソウルフードだ。 ・・・アザラシさんは伊勢湾に生息していたらしいので、この魚の利用法を知らなった。 カンパチのカマ。 程よい脂で白飯が必要な気がする。 むむ。 若鳥と親鳥を選べるとはなかなか侮れんじゃあない...

  •  0
  •  0

旬菜ふみ①

 なんだか急に「まだ行ってないから」というだけの理由で旬菜ふみに行った話。 備中高梁の駅前である。 まずは一献。 カウンターのネタケースの中のキンメダイの頭の隅間から、水晶体を通して光が漏れる。 写真ではわかりにくいけど、色々な色が混ざって幻想的だった。生き物スゲーとか思ったわけだ。 ポテサラ。突き出しだな。 メークインか・・・ 刺身盛り合わせ。 カンパチ、真鯛、イカ、マグロ赤身にアジ。 海から遠...

  •  0
  •  0

さらば、茶蔵・・・2

 初訪問が最後の訪問になった茶蔵。 よくわからんが、来年には古民家のリノベーションが完了してそこで営業らしい。 イベントでは時々出店があるらしい。 備中牛の塩焼きプレート。 この値段で黒毛和種を出すのはちょっと自慢らしい。 焼き加減は好みの分かれるところだが、霜降りなので差が出にくいのもたしか。 小官霜降り肉苦手につき、これくらいの量なら対応可である。 しっとりショコラケーキ。 イベントでも見かけ...

  •  0
  •  0