FC2ブログ

archive: 2020年05月  1/4

TERRA①

 所用で津山へ。 昼になり栄養を摂取することに。 津山で地物の食材に力を入れているらしいTERRAに威力偵察をかます。 白いハンバーグとな? わしはこれにしよう。 前菜一式。 人参とカレーのポタージュ、シーフードであえた小松菜のニョッキ、きのことほうれん草のスパニッシュオムレツ、桜えびとアスパラ。 アスパラうめえな。 飲み物はオレンジジュースにした。 紅茶がアールグレイだったので仕方ない。 パンはバケ...

  •  0
  •  0

チョウザメ三昧

 熟成に入ってから五日後。 しゃぶしゃぶで喰ってみよう。 前回より熟成を長くとって、食感はよくなっているはず。 シャブ山シャブ子もびっくりの出来だ。 出汁もチョウザメの頭ほかで取ったもの。 三枚くらいまとめてしゃぶしゃぶして飲み物のように食うのだ。 皮を出汁でゆでて、ポン酢で和えた。 さらには、すし酢で和えた。 京都の飯尾醸造のすし酢だ。 紅だるまも添えてあるでな。穏やかなだけじゃないのだ。  こ...

  •  0
  •  0

ベステル

 オオチョウザメのメスとコチョウザメのオスによるF1。 ベステルである。 4キロを超えるオスだ。 せっかくなので大出血サービスマシーンを使うことにした。 あらかじめ冷やしておいた水を使うと、血抜きと冷却が同時にできるな。しかも冷えにくい内部から冷やせるのはなかなかよい。 注入。 ドバドバ出る出る。 犬神家状態でしばらく吊って、水抜きを行う。 ・・・・脊椎動物だからな、イノシシさんと大差ない風景だ。 ...

  •  0
  •  0

長浜ラーメンあかり・・・ラーメン屋で手羽先

 「あかり」はラーメンの店だが、手羽先が名物であるらしい。 アザラシさんは手羽先を発注。 ああ、こいつは無限に喰える。 財布は無限でないのでむやみに発注できないが。 なお、アザラシさんはこの店に行きつけていた時期があったらしい。 さて、本体であるラーメンは細麺でスープは見た目よりあっさり。 最近の背油コテコテではない。あれは苦手なので重畳である。 長浜ラーメンというからには高菜と紅しょうがは自由に...

  •  0
  •  0

長浜ラーメンあかり・・・からあげ80円?

 長浜ラーメンといえ博多ラーメンの代表的なブランド。 県内にも人気店がある。 「あかり」。チェーン店ではないぞ。 小官初来店につき驚愕したのが、昼定食。 なんと積算上のから揚げの単価が80円である。 小めしの半額以下である。 どんなから揚げが登場するのか気になるというもの。 丼着、今! 見た目に隙は無いが? ごはんも小のくせに見た目以上に重いぞ!? なお、あらかじめラーメンは大盛りとしている。 チ...

  •  0
  •  0

フランス人も食べた。中国人も食べた。

 本邦ではあまりなじみがないが、諸外国では食うという食材。 こいつだ。特定外来生物であるウシガエル。 今のジョーさんたちが捕獲したもの。 例の池の水を抜いた時の副産物だ。 特定外来生物なので逃がすわけにはいかない。 ウシガエルの別名は食用ガエル。 全盛期には数百トンが輸出されていたらしい。 日本人はあまり食わなかったようだ。 揚げてみた。 衣なしと衣あり。 衣ありは歩留まりが高くていいじゃないか。...

  •  0
  •  0

そこら辺の草でピッツア②

 使わないと薪がたまる。 そのうえ、技術の維持向上を考えれば、定期的にピッツアを焼くべき。 その考え方で今のジョーさんはこの日もピッツア職人となっていた。 ああ、ピッツアは自由だとも。 玉ねぎでもなんでものっけて焼いておけ。 クレソンのカレーをベースにベーコンとチーズをのせたもの。 もうナンなのかピッツアなのかわからない。 自由だ。 さあ、もまさんもこいつを窯にぶち込もうというのか。 ピッツア職人...

  •  0
  •  0

そこら辺の草でピッツア①

 そこら辺の草を喰った翌日。 そこら辺の草を含む食材で石窯ピッツアの会。 火力を上げて350℃越え。 ウルイ(オオバギボウシ)とベーコンのピッツア。 ウルイの葉柄のシャクシャク感を残すのが良いのである。 ここで自家製アンチョビを投入。 マイワシで作ってある。 アンチョビなのに。 本来ならカタクチイワシを使うべき。 アッチューガからにんにくとオリーブを除いたシンプルなもの。 すでにアッチューガではな...

  •  0
  •  0

そこら辺の草でも喰わせておけ!!

 春のてんぷら祭り。 そこら辺の野草や山菜。 ゲストはマトウダイ。 食材あつめ、大儀であった。 タラ。 山菜の女王だそうな。 原木シイタケ。 川面の山中でニホンザルと競争しながら収穫したシイタケ。 一日干して圧縮。 食感が強く、油と相性がよい。 ウルイ。 オオバギボウシである。 歯触りやほろ苦さなど、こいつも山菜として王道を行く感じだな。 締めはマトウダイ。 プロテインも摂取しないとな。こっちが岡...

  •  0
  •  0

そこら辺の草でも喰わせておけ!

 そこらを一回りすると野草や山菜が集まる。 それに冷蔵庫の残りもののシソでも追加してみる。 三金やで200円だったマトウダイも追加。 マトウダイは草ではないがWWW ちとお疲れ気味だが、加熱なら問題なかろう。 コゴミ。 クサソテツである。 てんぷら祭りのスタートだ。 ユキノシタ。 食感が面白い。 クズ。 先っぽをまとめて揚げる。 ほんのり豆っぽさがある。こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位く...

  •  0
  •  0