真鯛を焼いてみる

 天然の真鯛の生け締めにしたやつを安く調達。

DSCF5504.jpg
 素晴らしい鮮度です。ちなみに30cm弱くらいのサイズ。全部で1000円程。

DSCF5518.jpg
 ウロコを打ち、内蔵、鰓を摘出して、軽く塩を振りました。
 キッチンペーパーで包んでいるのは、浸透圧で出た水分が流れ出さないようにするため。
 塩分まで流れて欲しくないので、保湿して食い止めているのです。

DSCF5520.jpg
 今のジョーさんちのバーベキューコンロで炭火焼き。

DSCF5522.jpg
 じっくり火を通していきます。
 ちなみに小官は胸鰭が張り付いて焼けるのが好きでないし、その上焦げやすくなるのもいやなので、胸鰭は鰓にしまいこみます。

DSCF5523.jpg
 米を切らしていたので、パスタにしました。荒くほぐしたタイにオリーブオイルを絡め、麺とさっくり和えた後、スダチの皮を削ってふりかけました。
 うまくないわけがありませんな・・・

 なお、真鯛は山田方谷の好物だったそうですか、ここまで新鮮なものは方谷さんでも食べたことはあるまい。


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
関連記事

2 Comments

議長  

Re: タイトルなし

checkmanさんこんばんわ。
ミイラさんですか・・・小官は・・・干物になるまで待てませんので数時間ほどのうちに食べてしまいました。

2013/10/16 (Wed) 23:46 | REPLY |   

checkman  

おお!!かの有名な『キッチンペーパー侵攻作戦』ですな。
2~3枚ぐるぐる巻きにしておなかにも入れ(ミイラさん状態)冷蔵庫で3日ほど寝かせてください。
極上の干物が出来ますよ。

2013/09/20 (Fri) 08:56 | EDIT | REPLY |   

Post a comment