おくの舗装道・八戸でせんべい汁を

 青森市から八戸市に移動します。

DSCF9693.jpg
 ホタテを食べた「おさない」からでると、外はもう真っ暗。
 青函連絡船「八甲田丸」がライトアップされています。
 さて、八戸に移動しますか。交通量も少なくてなかなか快適。

DSCF9702.jpg
 ここまで青森から2時間以上かかったので、ちょっとばかり、腹の虫が騒ぎだしました。
 そこで八戸名物「せんべい汁」が食べられる店に突入した次第。
 味処天竜。別に天竜川や軽巡洋艦とは関係なく、先代が閃いてつけた店名だそうな。

DSCF9698.jpg
 せんべい汁の完成には15分から20分くらいかかるらしいので、マグロを食べて待ちます。
 「大間でないけど近海もの」だそうです。もちろん冷凍でない。大間でなくても十分おいしい。

DSCF9699.jpg
 さて、せんべい汁が到着。
 せんべいは汁専用のもので、おやつ用をそのまま放りこむわけではないそうな。
 まあ、たくさんの野菜がはいった優しい味です。夜遅く食べるのにはいいかも。

DSCF9700.jpg
 するり、やわらかなせんべいはワンタンに通じるものがあるし、また、一種の麺料理のようでもありました。


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
関連記事

0 Comments

Post a comment