食べ物を求めて右往左往したり、ちょっとは観光したりの壮絶な記録
FC2カウンター
 「あさごであさごはん」のあともエクスカーションは続きます。

DSCF1849.jpg
 明治の建物がいまだに現役で、この建物の中で話を聞きました。
 吹屋に生産関係の産業が残っていたら、このようであったのかも知れませんな。

DSCF1850.jpg
 生野銀山関連施設群です。現在は鉱山での採掘はしていませんが、精練はしているとのことで、三菱マテリアルの方から話がうかがえました。

DSCF1853.jpg
 この倉庫みたいな建物も明治生まれ。周辺には「カラミ煉瓦」の構造物がたくさんあります。このへんは吹屋と同じですね。

DSCF1855_20141206094028fbc.jpg
 使われることのなくなった坑道の中には朽ちてゆくトロッコが一つ。
 華やかなりしころに思いをはせていると、湖南市の谷畑市長が坑道の扉のすぐ外に大量にある鹿のフンの写真を熱心に撮ってFBに投稿していました。なんでじゃ!?

DSCF1870_20141206094029d02.jpg
 山間から下ってくるトロッコ道にはいまでも一部にレールが残してあります。いつか走らせてみたい、とのこと。かなうと痛快だな。ここで走ったら、高梁でもやりたくなるかも?


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://0145930929.blog3.fc2.com/tb.php/1723-a02a73c3
翻訳出来ます
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
15位
アクセスランキングを見る>>
PopUp WikipediaⅡ
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ