食べ物を求めて右往左往したり、ちょっとは観光したりの壮絶な記録
FC2カウンター
 さて、本題です。サトタク一行が京都まで来た目的は、各地の「紅」を吹屋に持ち帰ること。

DSCF4408.jpg
 やってきたのは、飯尾醸造。
 酢の中の酢、富士酢で有名な宮津の醸造所です。
 なお、サトタクの母校、海洋高校の近所wwww。

DSCF4411.jpg
 五代目当主から説明を受ける一行。
 素材のお米は有機無農薬の地元産。人出が足りなければ飯尾醸造の従業員や富士酢のファンが栽培を手伝うらしい。すげえ。

DSCF4412.jpg
 しかもお米をこんなにたくさん入れるのだ! しかも酢を仕込む用に日本酒の醸造も自前でやってる唯一のお酢屋さんらしい。
 旨いわけだよね!
 そのうえ、富士酢よりプレミアムの方が米が多いのに、よりマイルドなので加熱しない料理によく合うそうな。なぜ?

DSCF4417_201506292355114aa.jpg
 今回の旅の目的、紅芋酢。
 地元産のムラサキマサリを仕込んだもの。醸造中の様子ですが、酢の香のほかアンントシアニンの強い香りがします。いいね。

DSCF4423_20150629235512e92.jpg
 実は先月、サトタクがいちなんではちみつ入り紅芋酢のソーダ割りを飲んで衝撃をうけて、吹屋に紅を集める企画を思い立ったらしい。しかも飯尾醸造が母校の近所で驚いたらしい。
 さあ、どうなる吹屋。
 
 いずれにせよ、これからも飯尾醸造に松尾さんの加護がありますように!



面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://0145930929.blog3.fc2.com/tb.php/1930-01c8e752
翻訳出来ます
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
12位
アクセスランキングを見る>>
PopUp WikipediaⅡ
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ