プラチナヤマメを刺身で食す

 ある日のこと。インバウンド型ツアーの打ち合わせを兼ねて有漢某所にいくと・・・

DSCF6069.jpg
 昨日から炭火で炊いているという、ヤマメを甘露煮にしていました。

DSCF6068.jpg
 ついでに鮎も焼いていました。

DSCF6063.jpg
 事故で損傷したというプラチナヤマメの繁殖素魚を喰おう、という話になる。
 なお、プラチナが発現するのは雌だけらしい。こいつは雄だ。

DSCF6065.jpg
 なぜか、小官は自家用車の中に刺身包丁(大月刃物工場製)を保持していたので小官が料理することになる。

DSCF6066.jpg
 背骨に肉が付いてないので、炙って喰うところが少ないとの意見が出る。
 刺身の歩留まりは高い方がいい、というわけではないらしい。


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
関連記事

0 Comments

Post a comment