食べ物を求めて右往左往したり、ちょっとは観光したりの壮絶な記録
FC2カウンター
 雑魚の集い。八幡浜で仕入れた雑魚の顕彰。
 一番下から見えるものは上。

DSCF1929_20161124221948081.jpg
 マツカサウオのウロコは頑丈で、丸焼きにして頭を引っ張るとスルリと身が出てきてしまう。
 まるで外骨格みたいだ。
 肉は弾力があり、強靭な筋肉の塊のようだ。
 こいつは装甲板でなくマツカサウオ本来の力を押さえ込む拘束具だったか。

DSCF1903_201611271047082e1.jpg
 さて、「マルソウダガツオのオイル煮:玉ねぎぞえ」である。小官作。
 哺乳類の肉のような食感で好評。
 思えば須崎では確保するのに数時間を要した魚だ。イベントでなければ普通に食えるのだな。

DSCF1922.jpg
 60cm級大型ホウボウの刺身一式。
 フィレまでが小官担当、それ以降がサトタク作。
 モチモチである。いい感じに熟成が出来てる。

DSCF1918.jpg
 大東隊員たちが作っていた鯛めし。
 青のりじたてである。豪勢である。

DSCF1932_20161124221950fb4.jpg
 サトタクは飯にあわせてあら汁を投入。
 大型ホウボウのアラで出汁をとっている。
 この魚は強くないが上品なだしが出るんだな。


面白かった? ランキングに参加していますので、下のスイッチも押してください!

人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
関連記事
コメント
Re: タイトルなし
ホウボウは白身で上品ですから、ブイヤベースにはよく合うでしょうねえ。淡白なので油とも相性がいいようです。旨い魚なのでもう少しメジャーになってもらいたいです。
2016/12/08 20:59 議長 URL [ 編集 ]
>ほうぼう

仕事でマルセイユへ行った時、マルシェみたいのがあって寄ってみました。
魚の店も結構あって、ブイヤベースには魚がどっさり。
その皿の中で君臨しているのが、ほうぼうでした。ほうぼうが載っている皿は、4000円ほど高かったです。
2016/12/07 22:54 福平 URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://0145930929.blog3.fc2.com/tb.php/2459-d5611974
翻訳出来ます
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
15位
アクセスランキングを見る>>
PopUp WikipediaⅡ
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ