fc2ブログ
食べ物を求めて右往左往したり、ちょっとは観光したりの壮絶な記録
月別アーカイブ
FC2カウンター
 秋の紅茶づくり実習@静岡丸子が開催されたので潜入した・・・

DSCN4021.jpg
 丸子にいくと、やはり多田元吉大先輩の墓参はいかないと。
 茶の栽培技術に優れた多田氏は明治新政府の仕事として、明治前期にインドにわたってアッサム種など茶の遺伝資源探索を行った冒険野郎である。時に46歳。当時ならそろそろ隠居する年齢ではないかな?

DSCN4018.jpg
 ダージリン、アッサム、セイロン島などを巡って貴重な茶の種を、当時は竹筒に詰めて乾燥を防ぎながら日本まで持ち帰ったそうな。川口慧海に並ぶ日本人冒険野郎なのである。
 居住地付近であった静岡市の丸子には顕彰碑や墓がある。
 墓の前には原木とされる茶樹が4本あり、全部形質が微妙に違うように見える。
 アザラシさんはいい感じに伸びたオータムナルを摘みたそうにしているが、顕彰碑なのでやめておくれ。

DSCN4024.jpg
 過去数回ここには来ているが、毎回やるのは顕彰碑付近のアッサム系茶樹で自分の手と茶葉の大きさ比較を行うこと。
 アッサムの系統は葉が大きい。そして、大きいだけでなく厚みもあるのが特徴だな。

DSCN4027.jpg
 丸子紅茶での実習は翌日だけど、希望者は事前に萎凋の様子や圃場の様子を観察できる。
 よその工房を見学できる貴重な機会なので潜入した次第。
 思いっきり加温していて驚いたが・・・

DSCN4028.jpg
 オリジナルに近いという紅富貴。うらやましいぜ!近年中に圃場を整備したいところ。
 あとは、赤色が異常に強い「シャア専用ヤブキタ(仮)」を掘り下げてみることかな。




人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://0145930929.blog3.fc2.com/tb.php/4590-eb6b63af
翻訳出来ます
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
198位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
13位
アクセスランキングを見る>>