fc2ブログ
食べ物を求めて右往左往したり、ちょっとは観光したりの壮絶な記録
月別アーカイブ
FC2カウンター
 始まったので見て回ったり、行事に参加したりします。
 過去の開催地なのにブース出せなくてすまんな。

DSCN5121_20221114175204193.jpg
 割と温暖だけど、風はある。寒いのか暑いのかわからない。5日前に到着して気候に順応して終始半袖の高橋さんが羨ましいぜ!

DSCN5076_20221114174927791.jpg
 世話人会のブースで、今回ブースを出せていない生産者の紅茶も試飲できるようになっていた。
 そのため、上記写真のような事態も発生www

DSCN5081_20221114174929f38.jpg
 今や老舗ともいえる国産紅茶の専門店「紅葉(くれは)」の岡本さんの講演、「地紅茶のもつ魅力と可能性について 」では高梁で行われた放棄茶園を復活させた話も取り上げてもらえていた。
 今にして思えば復活させた茶園には明緑があったことは当たりだったな、と思う。高梁市内は99%ヤブキタのようだから、別品種は貴重な戦力だ。

DSCN5078_20221114174925f4c.jpg
 地紅茶サミットの裏で同じ日には高梁で地紅茶まつりが開催されており、そこで試飲できる5か所の紅茶のうちの一つ「ねじめ紅茶」である。
 そのねじめ紅茶をつくるねじめ茶寮がキッチンカーを繰りだしてきていた。
 ねじめ茶寮の夫婦二人が主戦力だが、その子供たちである6人きょうだいが脇を固める。、なお6人は全員が美男美女で資源の偏在ぶりが著しいのである。そして家族に彼女(当然美人だ)まで加えて総力戦を行うのだ。ねじめ紅茶に死角はないのである。

DSCN5079_20221114174923277.jpg
 そして、ねじめ茶寮の赤いソフトクリームは売れ筋だ。和紅茶ソフト。通常のミルクティーソフトの3倍の茶葉を使っているという。赤いだけのことはあるのだ。
 大体、茶の香気は揮発するので高温に長く晒すと弱る。冷やすと今度は感じにくくなるが、こいつは旨く作ってる。一人で複数個食べた人もいたくらいそうだ(わしじゃない)。いよいよ侮れないのである。
 


人気ブログランキングへ
こっちが岡山県の地域情報ランキング・・・5位くらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
こっちは田舎暮らしのランキング・・・30位くらい
関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://0145930929.blog3.fc2.com/tb.php/4647-0763c1eb
翻訳出来ます
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
251位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中国地方
17位
アクセスランキングを見る>>